Home
最近の会報
バックナンバー
会報を検索

さくらんぼ会

Vol.187 今の婚活現状

今の婚活現状(後援会よりNo.9)

 「経済的だけでこれからの長い人生大丈夫ですか?」との言葉に「今までの生活を維持するのは、山形では公務員だけという、確信のもと東京から帰ってきました。」という硬い決心でした。44歳の男性は「まだ3回しか会っていないし・・・」と不安のようでしたが、「今は女性が結婚相手を決める時代です。あなたが女性に選ばれたのだから可もなく不可もなければ早く結婚し、結婚してからお相手の方と恋愛しなさい。今結婚しないと一生結婚できない年齢だよ。その異年齢だよ。そのとき後悔しても遅いよ」と申しました。男性には可哀想ですが、強く言わないと決断できない方もいらっしゃいます。

3月に結納、5月18日に結婚式とスピード結婚でしたが、両家のご両親は大喜びでした。彼女が選んだ人生です。幸せになってくれれば、こういう打算的な結婚も有りかな?と妙に寂しく納得させられました。

私たちの時代は、「お嫁にもらっていただく」という表現でした。今は、「お嫁に行ってあげる」という時代になっております。「男性よ、もっと威厳を持て!」と言いたいですが、断られるのが怖くて言えないのが現状のようで、臆病で優しすぎるのです。

女性の約9割のお断りは、何だと思いますか?「良い方ですが、優し過ぎて・・・・。」というのが理由です。なぜか女性のお断わりパターンが皆さん同じで笑ってしまいます。恋をすると、毎日が輝きだします。大好きな人と楽しく過ごす時間は心がときめきます。でも現実はどうでしょう?

「出会いがない」「よい男性・女性がいない」と実際には苦しみ、悩み、ため息をついているのが現実なのです。"結婚を考えたなら、恥、プライド等はかなぐり捨てること"です。

いろんな方々に頼んだり、趣味の会やスポーツ大会、イベント、飲み会、パーティーなど、たくさんの人に出会えそうな場所に積極的出かけ出会いのチャンスを自分で作ることが一番必要なことと思います。(続く)

見つけよう秋の七草

まもなく紅葉

もみじハギ/ススキ/クズ/ナデシコ/オミナエシ/フジバカマ/キキョウ

「秋の野に 咲きたる花を 指折り(おゆびおり)
かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」
(万葉集 山上憶良(やまのうえのおくら

ページの先頭へ戻る *