Home
最近の会報
バックナンバー
会報を検索

さくらんぼ会

vol.197 パーティー参加の皆様へお願い!!

パーティー参加の皆様へお願い!!

 レッドチェリー企画は、庄内と山形でパーティーを開催しております。それは会員を増やし皆様にいろんな方と出会っていただきたいという思いで、少人数のパーティーを開催しております。

 一般の方へレッドチェリー企画の「1対1のお見合い主体の会がある」との宣伝のための開催です。会員の皆様は真剣に結婚を望んで会員になっております。会員の皆様にも会員外の良い方と出会っていただければと、パーティー参加をしていいただいています。

 それに対し一部の一般参加のごく少ない方と思いますが、「女性と遊びたくパーティーに参加しているような方が見受けられます」、というご指摘をいただきました。中には奥様がいる方もいるかも知れません。。

 会員さんには必ずお会いし、独身証明や所得証明をいただいており間違いのない方々ばかりです。その点、一般参加の方々はどのような方々か申し訳ありませんが皆目分かりません。

 パーティーでカップルになった方は、あくまでも自己判断・自己責任での交際をお願いいたします。もし、そのような方の口に惑わされないようにしていただきたく、あえて会報に載せました。一般参加の方全部ということでなく、ほんの一部の方のように思います。

 そして、そのような方がおりましたならぜひご一報お願いいたします次回からは、参加をお断りいたします。お付き合いなさった方しか分かりませんので、ぜひご連絡をしてくださいますようお願い申し上げます。

女性の恋の法則

 「恋の法則」がそもそもどこから来たのかはっきりしません。1917年米ミシガン州のメラニーという女性のおばあさんからといわれています。

  • デートの待ち合わせ場所を、お互いの中間点にしないこと。(彼女に会うために努力する。自分に都合の良い場所に女性を呼び出す男性は思いやりがない。)
  • デート代は割り勘にしないこと。(同僚、友達は割り勘可)
  • あまり急いで打ち解けないこと。(最初のデートは短時間に。あまり話しすぎない。多く話すほど多く失う。)
  • こちらから電話をかけないこと。留守番電にメッセージが残っていても、かけ直すのはごくたまにだけにする。(電話をするのは男性を追いかけるのと同じ)
  • 男性が変わるだろうと期待してはいけない。(男は決して変わらない。あるがままを受け入れるか、他を探すか)

光陰矢のごとし!

 あっという間に新緑が深緑になり、事務所の前の千歳山の変化の速さに驚いている今日この頃です。


H26.5.2


H26.5.23

結婚式までの今と昔

 「婚活」という言葉は知っていても「仲人」という言葉は、今の若い方には知らない方が多くなっている。事務所の問い合わせも本人より、ほとんどご家族の方からの問い合わせが多い。

 まず、システムより何より料金のこと。「結婚の相手を探すのにお金かかんながー。そんなだらいいっす。」といって切られるお母さん方の多いこと。

 以前、山形は仲人さんは結婚が決まるまで何人でも紹介し、結婚が決まり結納を執り行い、その後結納金の1割をいただくのが普通であった。結婚式のときは仲人を努め、結納の半分をお祝いとして包む慣わしだった。仲人はご夫妻でする方が多いので、同じお引きものを2ヶ(仲人2人分)もらうことになっていたようである。

 いつのころからか、ご夫婦二人の仲人場合はお引きものを違うようにするようになった。

 現在の結婚はお仲人さんが居ない式が多く、式場もレストラン結婚式や思い出の山や海でしたり、親族のみの顔合わせが多いです。現在もお母さん方は昔のようにご紹介が決まってからの考えで、お相手紹介はお金がかかるとなると、電話を切られる方が多いようです。

ページの先頭へ戻る *