Home
最近の会報
バックナンバー
会報を検索

さくらんぼ会

Vol.204 熟年者に朗報!

熟年者に朗報!

パートナー探す高齢者増加 趣味、生きがいとは違う喜び

 今は、行政では商工会議所や商工会、またはNPOにお願いし、若い方の婚活パーティーが活発化しておりうれしく思っております。ただ、、熟年者、高齢者の出会いがほとんどないのでそのような会を何とか開催してください。という声が多く高齢者の方々にも出会う機会をと思っております。60歳以上の方は、形式にこだわらないお付き合いをなさってください。

 人生の花道でときめきたい。と、そんな希望を持ってパートナーを探す高齢者が目立ってきました。人生の終わりを意識した恋愛は趣味や生きがいとは違う喜びがあるようです。

 女性の方は白馬にまたがった王子さまを夢に描く方が何歳になっても多く、そのような方はほんの1〜2%の男性しかいないことを実感してください。現実を見定め自分の理想の50%であれば良い方と思い譲歩することです。100%の条件を希望する方は日本中探しても皆無です。夢見る夢子さんでなく、優しく思いやりがあり、お互いが気配りし居心地ががよければ最高でないかと思います。

 高齢者の入会は増加傾向にあります。女性は生活のために…。という人も多いですが、一緒に生きる人が欲しいという声が多いようです。男性は一緒に暮らしたい方がほとんどですが、女性は茶飲み友達を希望する方が多いです。

 食事や、旅行は行くが男性の面倒は見たくない、という、結構女性はわがままな方が多いですが、きちんと話し合って決めることだと思います。ただ、女性と違って男性の会員さんが少ないです。それは男性のプライドが邪魔している方が多いです。娘さん息子さんに言えば「いい年して…」と言われる事と、ご自分の年金が息子、娘さんたちの生活費の一部になってる方が多く、切り出せないようです。といろんな理由はありますが、自分の一生です。

 結婚形態は様々でも「体はだんだん動かなくなるから心ぐらいは弾ませたい」「人生は毎日がスタートライン」「一人でいるより、二人で暮らせば心が休まる」など、理由は様々ですが、一番お互いが納得できる形でのお付き合いをなさってみてはいかがでしょうか?

 ここ数年、結婚にこだわらない出会いの場を望む方が多くなってきています。相続などの関係で結婚をためらう人が多いためでしょう。高齢者の恋愛は心身にいい影響が期待できてます。ホルモン分泌が活発になり、特に男性ホルモンが減り、欝になりやすい高齢男性に進めたいです。例え死が目前に迫っていても、死ぬことだけを考えるのではなく、誰かを思いながら死ねるのは幸せなことではないでしょうか。

皆様にお願い!

 早いもので、カレンダーも残すところ一枚となりました。お正月が来たと思っていたのに…・。若い会員さんは、なんとも思わないでしょうが…。

 私はこれから毎年、年を削りとることにします。若さで頑張ります。皆様もお友達や知人、友人をご紹介ください。皆が一人ご紹介くださいますと、新たな出会いが始まります。未婚、再婚、若い方、ご年配者どなたでも結構です。

ページの先頭へ戻る *